有限会社カンダ技工(鳥取県米子市)は 産学官共同研究で開発した新技術により魚種ウロコから海洋性コラーゲンを製造しています。海洋性コラーゲンはさまざまな用途に利用されます。商品化しやすいのも海洋性コラーゲンペプチドの特徴のひとつです。

有限会社カンダ技工は鳥取県米子市で海洋性コラーゲン製造、食品機械製造を行っています。

カンダ技工 コラーゲン 中海テレビにて放送

2007年4月6日

3月末〜4月初
中海テレビで、カンダ技工製造 コラーゲンの取組を取材放送されました。

 カンダ技工は もともと機械設計・製作の会社。
5年ほど前から、捨てられている魚のウロコから海洋性コラーゲンを抽出する技術を県と共同で開発。
自社の機械技術を活かし、コラーゲンを製造・販売しています。
コラーゲンは人間が必ず持って生まれてくるもの。一枚のウロコから私たちの体に必要なものがつくられるなんて驚きですよね!

その他のプレスリリース